Rover

アクセスカウンタ

zoom RSS 米国非難決議案を!

<<   作成日時 : 2007/07/09 11:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

まともなことを言った田原総一朗

今回の、久間前防相の「しょうがない」発言は確かに、政治家としては不用意な発言でしょう。

ただ、それにも増してヒドイのが、R・ジョセフ米核不拡散問題特使の「原爆投下正当化発言」です。「原爆投下で、日本人の多くを救ってやったのだ」と言わんばかりのこの発言に対し、与野党、右派左派問わず、日本国民一体となって、抗議の声を上げるべきではないでしょうか?
場合によっては「国会で非難決議案採択を!」、という動きがあって然るべきと思います。

勿論、本気で米国と袂を分かつことは、安全保障上も経済的関係その他諸々から、今の日本には無理です。
結果的には、ポーズということになるかも知れませんが、それで良いと考えます。


一般社会や会社でも、「あいつはウルサイから話は通しておこう。顔を立てておこう」、逆に「何も言わない大人しい人間は軽んじられ、あまり気にされない」という現実が存在します。

国際社会でも同様で、「文句を言わない国」は、決して尊重されることは無く、良いようにカモにされるだけなのです。

今回は、「日本人は全員怒っているぞ!」、それを「政府(あるいは首相)が、何とかなだめているのだぞ!」といった状況を見せるべきだと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
私も同意見です。これに関連して久間発言は国内向けと見せかけて実際は慰安婦日本非難決議への牽制と思いましたが、国内の反発に辞任せざるを得なかった。だったら原水協広島市長崎市は米国議会へRジョセフ発言に抗議をしないのか、暗に慰安婦問題の非難決議案を黙認したものである。人権問題に時効がないなら1400年前の蒙古襲来のときに手先となった朝鮮人中国人は多くの対馬壱岐の島民を女子供老人を無差別に殺害した。それを朝鮮人は何の反省を見せない朝鮮人中国人が日本人を殺すのは良いことだが其の反対は悪いことだという歪な発言である。朝鮮人中国人の大中華思想、アメリカ人の東洋人蔑視思想が根底に流れている証明である。
翔龍。
2007/07/09 14:49
 私も断然抗議すべきと考えますが、アメリカの核の傘のもとで守られている実情から考えると為政者としてはそうも行かないのでしょう。
 私も最近物分りがよくなりました。
jisei
2007/07/09 15:34
翔龍様。コメント有難うございます。
久間前防相の発言にいきり立った方々や、普段「米国追従だ!」等々言っている方々こそ、対米非難の先頭に立つべきと思うのですが、何故かそういう動きはあまり感じられない。日本国内でのみ威勢が良いように見えるのは何故でしょうね。
Rover
2007/07/09 17:18
jisei様。コメント有難うございます。
私は物分りが良くないもので(笑)、米国のWスタンダードには腹が立ちます。
アメリカの核の傘に守られているのは事実ですね。
それならこの際、「二度と核攻撃を受けないように、日本も核武装を考えようかな…」といったニュアンスをそっと伝える、というのはどうでしょう。
日本の核武装は、諸般の事情から現実的には無理だと私は考えていますが、少しは「ケツをまくる」ポーズも必要ではないかと思うのです。少なくとも、「技術的には」可能なわけですから、アメリカも少しはビビると思います。
この、「相手をビビらせる」ということも、時に外交の場では必要なことではないでしょうか?
Rover
2007/07/09 17:29
アメリカの理論に沿えば、
『日本の核が、いつかどこかの国を救えるかもしれない。』
これで核武装OKになりますよね。
国連で分担金を納めるのでなく
『世界の平和を守るための核を備蓄しておきます。』と
日本のものでない世界のための
核爆弾を物納する事さえできます。

そろそろアメリカ並みの屁理屈を言い放つ時でしょう。
もちろん実際に保有するのは・・・ですが
まあアメリカがどんな反応をするのか、
言って見るにもいい機会ですし、効果大ですよね。
ねむ
2007/07/09 22:12
ねむ様。コメント有難うございます。
なるほど、「これからは日本も、分担金ではなく核で国際平和に貢献します」って。
あるいは、「イラク国民も核で救ってあげれば?」と進言してあげるというのは如何でしょう。
私も、日本の核武装は??だと思っていますが、いずれにしろ、相手がアメリカであれ中韓であれ、言われたら言われっぱなしというのが一番マズイ、と思いますね。
Rover
2007/07/10 09:37
こんにちわ。

日本国は「米国非難決議案を!」決議できません。 なぜなら、昭和天皇が「原爆はやむえない」と是認しているからです。

http://blog.goo.ne.jp/ikagenki/e/9970e86de51fe8a1739a25b449564338

もちろん、現行の「日本人」が廣島・長崎の原爆を非難することは自由ですが、国家として決議する場合は、天皇を象徴とする現在の憲法、マッカーサー憲法を廃棄して、さらに原爆是認をした昭和天皇を新しい憲法典できちんと法的に「見限って」のち、はじめて行えるものです。

ご検討ください。


いか@
2007/07/14 18:31
いか@様。コメント有難うございます。
少し長くなります、ご容赦を。

記事中にも書きましたように、例え非難決議等の動きになっても、現実的には「ポーズ」ということになるでしょう。天皇の是認云々の前に、安全保障や経済的関係その他、日本はアメリカと袂を分かつことは今の所不可能ですから。
このブログ記事はむしろ、「日本国内でのみ威勢が良い」人々に対して私が言いたい事を書いたつもりです。あるいは、「元従軍慰安婦非難決議には賛同」し、「原爆投下正当化には異を唱える」人々に対して。これらの人々の対応は、是々非々と言うよりは、「自分達の主張や立場に都合の良い時はアメリカを支持」し、「都合が悪いときにはアメリカ非難」という事のように思えるのです。原爆投下は、「しょうがないことではない、悪いことだ!」と言うのなら、久間某への個人攻撃あるいは政府攻撃の材料にすべきではなく、与野党、各団体、国民一体でアメリカ非難に至るのは、ごく自然な流れではないでしょうか?
以下続く。
Rover
2007/07/17 10:16
いか@様。続きです。

天皇が是認した、とのご趣旨ですが。
法律の専門家ではないので間違っているかも知れませんが、天皇が「原爆投下はやむを得ない」と言ったことと、非難決議採択とは相反することではないのでは?
仰るように、天皇は日本の象徴であり、国会決議に対しては承認をするのみで、異議を差し挟んだり決議を無効にすることは現行憲法上出来ません。
現行憲法上と書きましたが、旧帝国憲法下でも天皇(昭和天皇のことです)は、国会で決議された事案についてはそれを否認したり、無効には出来なかったはずで、たとえ日米開戦の決議であっても承認することしか出来なかったはずです。もし天皇が「日米開戦」の国会決議を独断で否決したら、それは議会制民主主義(実態はともかく)の否定であり、専制君主制ということになってしまいます。

少し脱線しましたが、以上のような理由から、仮に現在の国会で米特使発言に対する非難決議採択というような動きがあっても、憲法の問題は絡んではこないのではないかと考えます。
長くなって申し訳ありません。お答えになっておりますでしょうか?
Rover
2007/07/17 10:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
米国非難決議案を! Rover/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる